~みるみるお得生活~

ありとあらゆるお得情報をお届け☆

水は買うべきか?浄水器を設置するべきか?~その2~

今日も節約がんばってますか?どうも、恵です。

 

前回、水は買うべきか?浄水器を設置するべきか?~その1~の続き。

実際に浄水器を取り付けてみた感想を書きたいと思います。

 

三菱レイヨン・クリンスイMD101

 

f:id:mirumiru-12051130:20170525002937p:plain

 

水道の蛇口に取り付けるタイプで、金額・性能ともに良さそうな浄水器

私が選んだのは、

三菱レイヨン・クリンスイMD101

という浄水器です。

 

コストパフォーマンスがスゴイ!!

決め手となったのは、

金額は安いのにJIS規格で定められた13の汚染物質全て

更に、鉄やアルミニウムまで除去できる!

というところです。

 

実際、ネット通販で購入しましたが

本体(カートリッジ1個が付いている)が3千円くらいでした。

ちゃんと浄水してくれてこの価格!

性能を考えたら超お得だと私は思います★★★

 

カートリッジの交換目安は約3ヶ月です

使用する水の量で交換時期が変わってくるという情報もありますが、

浄水器を取扱うお店の店員さんに確認したところ

使用する水の量が少なくても、3ヶ月くらい使用すると雑菌が繁殖する恐れがある為、カートリッジを交換するべき

とのことでした。

 

水道水の塩素が除去される分、雑菌は繁殖しやすくなるという訳ですね。

 

きっちり3ヶ月で交換!とまではならないと思いますが、カートリッジの汚れを確認しながら、交換を忘れないよう気をつけたいと思います。

 

三菱レイヨン・クリンスイMD101は、カートリッジの汚れ具合が一目で分かるよう小窓がありますので安心です☆

                 f:id:mirumiru-12051130:20170525003525p:plain

 

蛇口の形状を確認してから注文しよう!

蛇口の形状によっては浄水器を取り付けられない場合もあるようです。

せっかく買ったのに、取り付けられなくては意味がありません。

ちゃんと蛇口の形状を確認してから注文してくださいね?

 

次回も引き続き、浄水器で節約成功!したことを

水は買うべきか?浄水器を設置するべきか?~その3~

で書きたいと思います♪

 

 

 

水は買うべきか?浄水器を設置するべきか?~その1~

今日も節約がんばってますか?どうも、恵です。

 

        f:id:mirumiru-12051130:20170517004355p:plain

 

皆さんは家で水を飲むとき、どうしていますか?

水道水をそのまま飲むのはちょっと…気になりますよね。

 

生きていく上で絶対に必要不可欠な物。

お水の節約について考えた結果をお伝えします。 

 

 

水道の蛇口に浄水器を取り付ける

 

安心安全なお水を家で飲むには、いろんな方法があります。 

 

1、スーパーで無料の水をくんでくる

2、水道の蛇口に浄水器を取り付ける

3、ポット式の浄水器を使う

4、ペットボトルの水を買う

5、ウォーターサーバーを設置する

 

ざっとこんな感じでしょうか?

 

一番の節約は、1の

【スーパーで無料の水をくんでくる】でしょう。

私も一時期、スーパーにくみに行ってました。

しかし、とにかく重い!!し、いちいち手間です。

 

4の【ペットボトルの水を買う】もそうです。

買い物袋+ペットボトルの重み…

しょっちゅうはキツイです(≧Д≦;)!!

 

金額と手間を考えた結果

【水道の蛇口に浄水器を取り付ける】に決めました。

 

 

節約は金額だけではない!かかる時間や手間も考えて…

『時は金なり』とは、

時間はお金と同様に貴重なものだから決して無駄にしてはいけない!

ということです。

とても良いことわざだと思います。 

いくら安くても、手間暇かかり過ぎてしまったら

結局はですよね。

 

 次回は、

実際に浄水器を取り付けてみた結果を

水は買うべきか?浄水器を設置するべきか?~その2~

で書きたいと思います(・ω・)ノ

 

お金をかけなくても喜ばれる!母の日プレゼント

今日も節約がんばってますか?どうも、恵です。

 

今日は『母の日』です。

日頃の感謝の気持ち、皆さんどうやってお母さんに伝えましたか?

母の日といえば、定番はカーネーションですよね。

        f:id:mirumiru-12051130:20170515004905p:plain

私も、母の日にはじめて買ったプレゼントはカーネーションでした。

小学生の頃、花屋でカーネーションを一輪買って母親にプレゼントしたのを覚えています。

しかし、うちの母親は花より団子ってタイプの人なので、カーネーションはそんなに喜んでもらえなかったですけどね(^-^;

それ以来、カーネーションを贈るのはやめて、子供の頃は紙で【肩たたき券】を作ってプレゼントしたりしていました。

 

見栄を張ってもしょうがない

大人になって自分で稼ぐようになってからは、母の日のプレゼントに大体5千円~1万円くらい使っていました。

ゴールデンウィークに結構お金使っちゃった後で財布がさびしくっても(-_-;)

 

誰かにプレゼントや贈り物をする時って、つい見栄を張ってしまいませんか?

私もそうです。

安物だと “その程度か…” と思われそうですし。

でも、プレゼントは金額じゃなく、大事なのは相手を思う気持ちですよね!

 

 

世間の風潮に洗脳されるな!

この時期になると、どこのお店もこぞって母の日ギフトを祭事スペースに並べ立てます。コンビニまでもが母の日ギフトを売り出します。

世間的にも『母の日』

何かプレゼントを買って贈るのが当たり前

ってかんじになりますよね。

そうゆう世間の風潮に、はっきり言って私達みんな洗脳されちゃってるんですよ。

 

『母の日』は母親に日頃の感謝の気持ちを伝える、とってもすばらしいイベントです。

しかし、その感謝の気持ちは別に『物』で表現しなくてもいいんです!

そもそも原点はカーネーションなのですから。

 

母も洗脳されていた

今日、さっそくうちの母親が

「今日は母の日やで。」と私に言ってきました。

 

“何かプレゼントはないのか?”

と催促されているように感じました。

 

いや、実際催促されていた のだと思います。

 

世間の風潮により、

『母の日』は何かプレゼントされて当たり前

みたいに、母の方も洗脳されていたのです。

 

私は見栄を張らずにこう言いました。

『いつもありがとう!』

『今日はたまにの親孝行で肩揉みさせていただくよ?』と。

 

慢性肩こりな母。

私は感謝の気持ちを指に込め、グイッ!グイッ!と1時間ほど揉みました。

 

        「マッサージ イラスト」の画像検索結果

 

 

結果、肩が軽くなり楽になったと母はとっても満足していました。

気持ちを込めてマッサージしたことで思いが伝わったようです。

 

高価なプレゼントでなくったって、昔と変わらず【肩たたき券】でも充分喜んでもらえるんですよね。

 

何度も繰り返しになりますが、

プレゼントは金額じゃなく、大事なのは相手を思う気持ち!

 

だと改めて実感した日でした。

 

 

自己紹介~その2~

前回、自己紹介~その1~の続き。

私が大人になってから苦労したことを書きたいと思います。

 

子供の頃、お金に苦労せず育った私は、お金に執着心がない大人になりました。

 

お金に執着心がない人の特徴

  • 財布の中にいくら入っているか気にならない
  • 金額を気にせず買い物してしまう
  • お金を稼ぎたいという意欲がわかない
  • ちゃんと貯金しようと思わない

 

お金が無くなることに危機感を感じないと、こんなバカになってしまうんです。

私と同じように甘やかされて育った方なら共感されるかもしれません。

 

働いてお給料をもらってもすぐ使い切ってしまう。毎月、生活費が足りなくなっては借金を繰り返し…

 

20代後半でカードローンの借金が100万以上に・・・(死)。

 

20代後半は、両親の離婚頼りにしていた祖父母の他界と不幸も重なり…

まさに不幸のどん底でした。

不幸のどん底まで落ち、もう後が無い状態になって、ようやくお金のありがたみを知りました。

しかし、今でもちょっと油断すれば以前の

お金に執着心がない状態に戻ってしまいます。

 

子供の頃につくられた人格は、そう簡単に変えることはできません。

 

 

昔はよく

「お金があれば幸せとも限らないよ」とか

「貧乏だから不幸とも限らないよ」とかほざいてました。

お金に苦労したことのない人間が言う綺麗事ですね。

 

今ではもうさすがに、お金が無ければどれだけ悲惨かわかっていますので、綺麗事を言うことはなくなりましたが…。

 

子供の頃に恵まれていた分、大人になってから苦労した事をざっと書きました。

過去の失敗について詳しく書けば切りがないので、また時々、反省を振り返りながら書いていきたいと思います(^-^;

 

自己紹介~その1~

はじめまして!

~みるみるお得生活~

ブログ管理人の恵です★

まずは軽く自己紹介を…

 

アラサーの子なし主婦、関西人です。

私は、お金の管理ができず、あったらあっただけ使ってしまうタイプ。

言い訳ではありませんが、私がこういう人間になってしまったのは多分…

子供の頃、

お金に不自由な思いをしたことがなかったから

だと思います。

 

私は一家の長女として生まれ、祖父母にとっては初孫ということもあり、子供の頃いろいろ買い与えてもらいました。

欲しい物はお願いすれば大体買ってもらえていたので

お金のありがたみ、お金のやりくりの仕方、貯金の大切さ…

そうゆうことを分からぬまま大人になってしまったのだと思います。

 

なんだか自慢してるみたいですが、子供の頃に金銭面で苦労しなかった分、大人になってからは失敗や苦労の連続です。

 

続きは次回

自己紹介~その2~に書きたいと思います(・ω・)ノ